ページ2

トップへ

コンドロイチンとは・・・

コンドロイチンはからだの中にあります          

生体内でブドウ糖から合成されています。その力は、若い人程旺盛で、加令とともに低下していきます。
コンドロイチン硫酸の減少は老化と関連があります。
存在

約60兆個もの細胞をつないでいる結合組織の基質成分として存在しています。

分布

特に線維、血管、軟骨(椎間板)、腱、粘液、靱帯、角膜などに多く分布してます。

特性

水分保有力が強く、筋肉細胞組織や軟骨細胞組織、血管などで           重要なはたらきをしています。

生理作用

1)組織損傷の修復   2)関節の円滑化   3)椎間板の弾力保持

関節痛
神経痛
腰痛
五十肩
にコンドロイチンをお試し下さい
     85錠 : 3,980円
    195錠 : 7,980円

    270錠 :10,800円
    (用法)通常成人1回1錠食後服用します

 2月末まで本医薬品に限りポイント2倍進呈