支部長報告  建築士会津久見支部長
金只 昌平
home
  今年(平成26年度)から2年間、津久見支部長を引き受けました 金只 昌平です。
 あまり、きめ細かな活動は出来ないと思いますが、支部長として出席した会議等の
 報告などをしていきたいと思います。
 何回継続できるか分かりませんが、お付き合いお願いします。
  平成28年3月15日
2016.03.15   平成27年度 (公社)大分県建築士会 第3回理事会

 場所:大分市コンパルホール 多目的ホール   14001630

「 議題 」

第1号 H27年度事業進捗状況及び決算見込みについて

第2号 H28年度事業計画案および収支予算案ついて

第3号 H28年度役員改選および総会日程について


 平成28年度通常総会 6月17日(金) 第2回理事会(新役員)

 ※詳細は、次回支部役員会にて報告

< 津久見支部関係 >

H28年度公益事業予算 ふるさと振興祭、市民講座開催 要望予算額 361,000円 - 変更予算額 140,000円

・全国大会会場にて(テント設営によるかも?)各地の物販の販売が可能である。中津支部が積極的に取り組み中

 津久見市の関係者(観光協会など)に紹介しておくとよいのでは

< 全国大会の取り組みについて >

 案内パンフとの原稿が、ほぼできた。写真等校正段階(寿司の写真を載せたが、本当に出るのか?等)

 各支部への仕事依頼、動員の詳細も調整中、1〜2か月中には出ます。その時は協力お願いします。

 大会協賛金について、企業・個人に支援のお願い文章を用意しています。

 ※詳細は、資料等があります。  次回役員会にて報告        以上報告
  平成28年2月16日
2016.02.16   委員長・支部長合同会議報告   アートプラザ研修室にて

1)公益事業の予算について

 ・予算収入減少により来年度公益事業要求総額 約730万円 予算的に380万円程度に減額必要、
  そのため、再度各支部で検討して半額程度の要求にしてほしい。  〜 2月末くらいまでに

 ・公益事業推進準備積立金が多くなると、公益法人として不適格となるため、10年くらいで公益事業に活用。

<意見>

 一律半減でなく、内容や支部の規模も考慮した方が良いのでは

2)平成28年度理事選任スケジュールについて

 第3回理事会に備え、役員変更がありそうな支部は連絡を

3)全国大会のプログラムについて

 おおよそのプラグラムは出来た。

 本日夕刻開催の会議で、詳細決定し連絡

<意見・質問>

 質問) 支部単位の飲食販売や物販が可能か?

 回答) 飲食については、保健所等事前の準備が必要

 意見) 物販は、大分航空ターミナルとの兼ね合いがあるかも?

 回答)大筋、可能だと思うので他支部でも検討してはどうか

 ※津久見支部 「折り紙建築」 の開催について

 支部開催を予定しているが、誰も経験がないので見学したい。

 大分支部 竹尾支部長が個人的に指導します。

 数人で、時間を作って行きましょう。      
  平成27年10月08日
2015.10.08  理事会報告  大分市コンパルホールにて

議題1 公益法人の変更認定について 〜 承認決議
  ・構造適合判定業務が無くなることにより、文言の削除・変更がある
  (詳細は長いので、支部長手元にあります。)
  ・新規収益事業の可能性については、事務所協会、大分県建築物総合防災推進協会と取組中

議題2 平成27年度予算の補正について 〜 承認決議
  ・上期収支状況説明
  ・全国大会関係予算の補正

議題3 青年委員会および女性委員会の統合について  〜 承認決議
  ・規約変更が必要で、理事会承認事項である
  ・女性委員会の活動が停滞気味
  ・現状、統合した活動である
  ・発展的な統合である  など

議題4 報告その他  〜 承認決議
  ・名簿作成の未提出分は、過去掲載分でします

(質問)
  来年度、公営事業の収入が減額となりそうだが、公益事業の予算要求額はどうなる?
  本年度の6割程度になるかもしれない。
  平成27年3月16日
 
2015.3.16 津久見支部長報告  (公社)大分県建築士会 県南ブロック会議(平成26年度)

日時:3月14日(土) 10:00〜14:00  会場:臼杵市深田 臼杵石仏郷膳うさ味
津久見支部出席者:金只支部長 野中事務局 2名    他支部他 合計15名

集合後、臼杵っこガイド(甲斐君)の案内による石仏見学
 検定合格者のガイドは見事です。私個人的には、甲斐君の案内は2度目です。
 前回よりバージョンアップしていたようで、とても詳しくわかりやすく、そして楽しく案内をしてくれました。
 残念ながら、前回と同じように私の頭には、長く定着できません。ごめんなさい!

「 会議 」
ブロック長(渡邊豊基 大分県建築士会副会長)より、石川大会、佐賀関支部が研修旅行としてホテルを抑えている。
各支部から会員の1割に行ってほしい。一緒に行きましょう。 建築士会から10,000円/1人補助を予定

「 議題1 」 各支部報告

津久見支部 : ふるさと振興祭(公益) 石造ミカン蔵見学(委員会公益) 
 来年度の予定は、ふるさと振興祭(公益) 耐震化と防災セミナー(公益)
 延岡に石造は多いと、どなたかが言っていました。 佐賀関の缶詰工場が石造

豊後大野支部 : 11月建築セミナー、
 ベテラン職人から話を聞き取り文章として残す事業
 市からオリジナル住宅の依頼(豊後大野らしいもの、ローコストのもの)

竹田支部 : 建築防災セミナー(公益) 折り紙建築(公益)

佐伯支部 : 県南6支部ソフトボール大会、折り紙建築教室(授業時間を2時間使う)
 市役所に入会のお願いに行き、3名入会  「建築士会 佐伯支部便り」を配布

臼杵支部 : 全国大会福島へ、大分県景観まちづくりセミナー 会報誌「たくみ」に詳しく書いています。
 他、聞き漏らしがたくさんあると思います。 〜 後、昼食懇親会
  平成27年2月28日

<支部長報告>     2015.2.28

H26年度 支部長・委員長会議 日時:平成27年2月27日(金)15:30〜  
場所:事務局会議室      津久見支部出席 金只支部長

○文化庁補助事業の清算の為、会員各自の領収証を提出

○公益事業:「平成26年度津久見市ふるさと振興祭協賛事業」の報告書提出 

○平成27年度公益事業の一次調整 
1.「平成27年度津久見市ふるさと振興祭協賛事業」要望321,000 調整額320,000
2.「住宅の耐震性と防災セミナー」要望215,000 調整額150,000 市の施設利用、協力で節約

○建築基準法改正(6月1日施行)による構造適合判定制度の変更
 現在の県直営→建築士会審査委託が廃止 民間確認検査機関等で実施できる
 (影響)判定業務からの収益が、平成27年度で1〜2割減少予定
 (移行期間として、県に完全実施の28年度まで延期要望しているため)平成28年度以降なくなる
建築士会の活動費、事務所経費の多くを適合判定受託収入に頼っているため、今後確保をどうするか?
 ・他の収益事業を探す
 ・以前のように小さな建築士会にもどす
 ・構造センターのあり方はどうする?   
  他    今後鋭意検討

○第58回建築士会全国大会石川大会 2015年10月30日(金)に開催予定
「 参加者募集 」  大分県から100名ほど参加したい。各支部全会員の1割ほど参加希望
             津久見支部2名か? 各支部で派遣予算積立等出来ないか?(要検討)

○建築士会版「監理技術者講習」・・・建築に特化した実務内容中心 平成5月以降中旬以降実施  受講料9,000円
 報告事項詳細については、次回定例会にて行います。
                                              以上、報告です。
  平成26年8月12日
 
 調査研究委員会 報告  支部長出席

 @日時:平成26年8月11日(月)  15時から17時

 A場所:建築士会事務局会議室

 B議題:平成26年度 調査研究委員会の事業計画

 <今年度の文化庁補助事業の内容について>
 <ヘリテージマネージャーネットワークの結成について>
 
 (議題内容)
 平成26年度 文化庁事業

1.歴史的建造物の掘起しについて
 重点地域(空白地域8支部)に津久見支部も入る
 ・対象物件:「近代和風建築調査リスト」の3次対象にならなかったもの、津久見市にはないので、
  新たに掘り起こす EX)みかん蔵など ・件数目標 2件以上
 ・調査員選定 各支部2名以上 9月20日 次会議まで (どなたか希望者お願いします)
 ヘリテージマネージャー 大村さんは指名です

 2.被災時復旧対応マップ作成事業

 阪神淡路、東日本大震災等で歴史的建築物が被災し、十分な調査もなされず解体された事例から
 調査、復旧支援体制の構築を建築士連合会が取り組むこととなった。
 今年度の対象建築物:市町村指定文化財・・・津久見市にはないのでは?

9 月20日までに調査員選定 :歴史的建造物の掘起しの調査員と重複OK

 3.歴史的建造物の建築基準法緩和既定の運用について
  津久見市には、あまり関係ないとは思いますが、資料はあります。〜 私には、よく理解できませんでした。

 4.歴史的建造物の保全・活用専門家(ヘリテージマネージャー)育成の継続的な活用について
  ネットワークを作りや継続的な研修の実施について
  現在、津久見支部のヘリテージマネージャーは大村さんだけだと思います。
  歴史的建造物は、調査だけして手を付けられないものだと「迷惑建築物」になりかねない
  最終的に、うまく活用ができる建築物になることが文化庁事業の目的と一連の流れでしょうか?
  そのための基準法規制緩和など かな?       
                                            以上、報告です。
  平成26年6月20日

 平成26年度第1回(公社)大分県建築士会 支部長・事務局職員研修会 開催  (抜粋報告)
 日時 6月20日(金) 14:00〜
 出席 支部長 金只  事務局 野中    会場 大分市 アートプラザ会議室

 1) ドライクリーニング工場の実態調査の行政協力について
    引火溶剤を使用する工場に関する建築基準法違反について

  この件につきましては、7月の例会時に報告します。

 2) 公益事業執行等について Qは各支部から Aは執行部の回答

  Q.予算要求の段階で、枠取りだけは出来ないか?
    年度が変わり、役員変更があった場合に事業変更しにくい。

  A.出来ない

  Q.活動費の支払いが年度末、早く出来ないか?
  A.相談に乗る

  Q.会費収入が減る中で、事務局職員手当てが払えなくなりそう。他支部はどのように?
   ・専任の事務職員がいるのはごく1部、ボランティアなど各支部で対応


 3) そのほか
   ・建築士会に入っているメリットがはっきりしない。
   ・行政からの受託事業で会収入にする。

 4) 公益事業(津久見支部)
    ふるさと振興祭協賛費 要求319,360円 に対し 一次査定200,000円です。   - 以上 -
  平成26年6月6日

 総会ならびに第2回理事会 2014年6月6日(金)14:00より
 大分市コンパルホールにて

 総会:平成25年度事業・決算報告  平成26年度事業計画、予算案

  公益社団法人に移行しての初めての決算、項目も多く、公益事業、収益事業、
 法人会計に分かれ、こんな報告その場で渡されても、私の頭では読み解きできません。
 資料は、私の手元にあります。検討されたい方は、お願いします。

 第2回理事会:総会休憩中 別室にて、新役員選考
 会長:井上 正文  
 副会長:幸 勝美(全国大会)末成 祐二(大分)渡邊 豊基(県南)
     藤原 秀樹(県北) ほか 新任役員  その後総会にて承認

 平成26年度 津久見関係事業
 公益事業2−2まちづくり及び地域貢献活動事業として
 
 (2)景観整備機構として良好な景観の形成のための事業(調査:津久見市)

     山本前支部長の言っていた「灰石の倉庫調査」の事かな?
 
 (d)一般消費者の利益の擁護又は増進を目的とする事業として

  B 津久見ふるさと振興祭協賛(相談・助言:津久見市)となっています。

 ※平成28年度 建築士会全国大会を大分県で開催、ビーコンプラザが主会場の予定

 先輩支部長さん方のご苦労身にしみました。
 何も知らず、お任せきりですいませんでした。
      以上